駐輪場の広さをチェック

賃貸住宅のチェックで見落としてしまう駐輪場

賃貸住宅を探すとき大切なことは山ほどあり、それでも確認しきれなかったことで、思わぬトラブルに発展してしまうことがあります。立地条件や家賃、礼金敷金、環境など、様々な情報を見て確認しても、いざ住んでみたらということがあります。

賃貸物件を探すときポイントにすることは、第1位はエリア(どこに住みたいか、交通機関はどうなのか)、第2位は間取り(どのくらいの広さにするか)、第3位は家賃(月々の家賃や共益費、その他の諸経費など)です。この3つの条件を満たす物件を見つけた段階で、安心してしまいますよね。でも、もうひと踏ん張りして駐輪場を確認してみてください。

自転車を使う場合も、使わない場合にもチェックすべきポイントになります。

駐輪場の広さを確認したほうが良いわけとは

駐輪場の確認に関しては、仲介業者さんの対応や、賃貸物件の立地条件などにもよりますが、率先して説明されることはないです。自転車を使う場合には、必然的にチェック項目に入れているので、確認し忘れ等は起こらないかもしれません。自転車を使わない場合には、確認する必要は無いと思いがちです。ここでは駐輪場の広さについて確認すべき理由を、問題と共にあげておきますので、検討してみてください。 駐輪場に自転車を止めようと思っても、スペースが空いていないようなところは、何とか止められたとしても、ぎゅうぎゅうで出すまでに時間がかかってしまうでしょう。また、屋根付きの駐輪場では足りず、屋外の駐車場にはみ出して止めていないかどうかも確認してみてください。駐輪場が狭くはみ出して駐輪していて、駐車場から車が出せない、駐輪場からあふれた自転車で、車に傷をつけられたなどのトラブルに発展する可能性もあります。

© Copyright Apartment Rental. All Rights Reserved.